読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなくそモグモグ

webサイト:http://kusonote.fool.jp

いじめのメカニズム

f:id:zaqmju7:20120507093720j:plain

いじめに対する学生の意識

 

僕は数年前までいじめる奴が悪い理論だったのですが、幾度となくネットやリアルでいじめられるサンプルを傍観者として見てきました。

その立場として僕は一つのある結論に至りました。

 

 

 

 

 

 

完ンンンッッ全ンンッに

いじめられる奴が悪い。

 

悪いというのをそのままの意味で受け取ると少し語弊があります。

いじめを本質的に考えた時に、それを産みだした原因を考えた時に、加害者と被害者のどちらかにその原因があるかという前提での

「いじめられる奴に非がある」ということです。

 

まず、前提として生物的な面で理解していただくことがあります

いじめは「どんな生物にもある」。

本能的にに存在するいじめの構造を考えた時に、挙げられるのは

「増えすぎたため」「団結するため」「自然淘汰たくさんあると思いますがとりあえず、この3つです

増えすぎたため…これはわかりやすいですね、人数調整で異端者を減らしていけば人間という種族は安寧です。

団結するため…ナチのユダヤ差別とか、白人貴族の黒人差別とか、誰かを集団でいじめる行為は被害者以外の結束力を強めます

自然淘汰…弱い奴はいじめられて消えて、強い遺伝子が残ります。

この3つを抑えて、「生物の中にいじめがある」ことは「普通」なんだということを、「いじめ」というものが「セックヌ」するのとか「食事」するぐらいメジャーな生理欲求だってことを知っていただきたい。

 

それを踏まえた上で分析しますけれども、まず職場や教室とかいろいろありますけど、コミュニティの中で人間はある二つの役割に分類されると思うんですよ。

それは「芸者」「観客」です。

 

詳しく説明しますと、学校の教室で考えた時に、生徒を二分すると少数の「面白い人間」、つまり「芸者」と、それを見て笑う「観客」の構図が常にどこでもあるんですね。

まぁ基本野球部みたいな比較的明るい性格の人間が「芸者」になり、バスケ部とか少し異性を意識した性格の人間が「観客」になります。基本リア充、キョロ充は「観客」に位置して、リア充キョロ充の中でも面白いかは置いといて吹っ切れた人が「芸者」になります。

このようにね、きちんと面白い人間がコンテンツを生み出す「芸者」になって「観客」のニーズを満たしてる、正当な構図ならいじめは生まれません。

ですが、ですが。何らかの理由で「芸者」の供給が足りなくなる、「芸者」が面白くないだとか、「芸者」がいないとか、「芸者」がおとなしくなった。とかいろいろあるんですけど、その「芸者」が役割を果たさなくなった時に「観客」はどうするか。

「観客」は「観客」の中から「芸者」を作るんですよね。

たとえばスクールカースト下層の大人しい奴とかを「芸者」に仕立て上げます、そこが分岐点なんですよね、そこでその「芸者」が面白ければ評価されるんですよ。「笑わせる」か「嗤われる」かは別として。

はたから見れば「いじめ」に見えるか「いじり」に見えるかは人次第ですけど、ここがまずいじめの初期現象ですよね。そこで嫌がったらやめるのが普通ですけど、世間一般の「観客」はプロに求める面白さと同等な物を求めています、テレビ見てても「一発逆やってください」って言われてつまんねぇ芸人が「ちょ、ちょっと待って下さいよ~」とか「くっそつまんねぇ動作」でかわしたら少しカチンときますよね。プロを名乗る芸人でもできないことを仕立てあげられた芸者が上手く料理できるわけがない。でも「観客」はカチンときているわけです。

もうそうなったら終わりなんだって、観客は更に過激な方向に向かいます。

そこで芸者が反抗したら、暴力でもなんでも屈しさせようとします。

 

いじめられる奴は、その反抗運動のやり方が間違っている。

自分の危機回避欲求がモロに出てるんだって、人を動かすためには相手にも利益が出るようにうまく動かないとダメだよ

植物だって、種を運んでくれるように美味しい果実になるよ、そういうの自然でもよくわかってるよ。でもいじめられる奴ってのは、先生にチクったり、立場を対等にしてやめろって正面から言う。だめなんだって。だからいじめられるんだって。

おもちゃにもならないし、あわよくば噛み付いてくる動物なんて人間社会でも殺処分だよ。そこをまるで理解してくれない。

だから、いじめられます。

 

いじめの話題になると、ネット上でもいじめられてたような奴が長文でゴチャゴチャ書くやついるでしょ。

それがダメなんだって、空気読めてない。

人間社会生活をおくる上で大切なのは何が正しいかじゃなくてどう適応していくかなんだよ、僕はこのブログで過激なこと書きまくってますし、あらゆるものを批判してるけど、日常生活ではしっかり適応してるから。教育はクソだ、人間共は愚かだ、上司は無能だってことを思ってても、適応する奴はいじめられないんだって。

 

いじめられる奴はね、環境を変えようとするんだよ「周りが悪い」なんて決めつけて、加害者批判に飽きたらず傍観者も批判する。他人全員を変えるより自分を変えたほうが早いことに気づかないんだよ。

そういう奴は、小学校、中学校、高校、大学、職場。ぜ~んぶいじめられます。ネット上でも叩かれます。直す努力をしてこないんだもぉ~~ん。

 

いいか、いじめる奴は本能に従う動物並に知能の低い生物なんだから。

猿に念仏を唱えて文明を作らせようとするくらい愚かなことになぜ気づいてくれないんだ。だから被害者もいじめという自然の檻に囚われた動物のままなんだよ。

 

俺は忠告したからな、それでも改善しないからいじめられるんだぞ。

というわけで近いうちに「対処法」を考えていきたいと思います。