読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなくそモグモグ

webサイト:http://kusonote.fool.jp

妖怪ウォッチ「たまごっちとかマジ要介護ウォッチ(笑)」

f:id:zaqmju7:20140921132911j:plain

妖怪ウォッチ「・・・」

 

「君はこれから子どもたちに遊ばれるんだ、いっぱい、いっぱい」

 

 

「先人たちの失敗を見て学べ」

 

 

f:id:zaqmju7:20140921133006j:plainポケモンを超えろ!それだけが存在意義だ」

 

f:id:zaqmju7:20140921133028p:plain「食らっても喰らわれるな、この世界で生き残りたければ…」

 

f:id:zaqmju7:20140921133132j:plain「子供を通して大人に訴えかけろ。」

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140921132911j:plain

妖怪ウォッチ「……うん!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、勝たなければならなかった。

すべてを押しのけ、仲間の屍を踏んでさえも、前に進まなければ、

 

 

 

 

そうしなければ、生きられない世界なのだから。

 

 

 

前回:妖怪ウォッチ「ポケモンを超えたった^^」 俺「あと十年売れてから言え」 - はなくそモグモグ

 

 第一作:ポケモン「くそ・・・、妖怪ウォッチには勝てないのか・・・?」 - はなくそモグモグ

 

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140914211636j:plain

妖怪ウォッチ「不思議なものだな……。」

 

      「昔はこれほどまでに遠かった貴様も今や肩を並べ、いや」

 

      「それ以下だ」

 

      「まるで子供が大人に対して神格化するように」

 

      「その気持ちが、大人になるにつれ薄れていくように」

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

ポケモン「ずいぶんと余裕なんだな」

 

    「俺だってまだ負けたわけじゃない、お前が勝ったわけじゃないんだ」

 

f:id:zaqmju7:20140914211636j:plain

妖怪ウォッチ「ぬかせ、そういいつつ何もしないのは他に打つ手が無い何よりの証拠だろう?」

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

ポケモン「くっ……(たしかに、そのとおりだ…)」

 

f:id:zaqmju7:20140914211636j:plain

妖怪ウォッチ「…… ……」

 

 

 

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140921132911j:plain

妖怪ウォッチ「ただいまー」

 

 

「おかえりー、遅かったじゃないの。ポケモンもう始まってるわよ」

 

 

f:id:zaqmju7:20140921132911j:plain

妖怪ウォッチ「えーほんとにー!さいあくだー!」

 

 

「ほんとうにポケモンが好きなんだね。」

 

 

f:id:zaqmju7:20140921132911j:plain

妖怪ウォッチ「うん!ぼくがゲームになったら、ポケモンとおなじぐらいみんなにあそんでもらって」

 

      「そんでそんで、ポケモンとこらぼれーしょんするんだ!」

 

 

「ははは、それは頼もしいね~、じゃあパパも出してもらおうかな?」

 

 

f:id:zaqmju7:20140921132911j:plain

妖怪ウォッチ「パパはらすぼすだよ!」

 

 

「そりゃまいった^^;;」

 

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140914211636j:plain

妖怪ウォッチ「……終わりだ。」

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

ポケモン「…… …… …… ……!

 

f:id:zaqmju7:20140914211636j:plain

妖怪ウォッチ「……売上展開、妖怪ウォッチ2

 

      「妖怪ウォッチ、妖怪メダル」

 

 

 

測  定  不  能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140914225108j:plain

ポケモン「ぐぅ""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

ポケモン「ぐ・・・がぁ"・・・」

 

f:id:zaqmju7:20140914211636j:plain

妖怪ウォッチ「……無様だな」

 

 

 

 

 

ドサ ッ

 

 

━━━━━勝てないのか・・・?

 

 

 

            俺は━━━━━

 

 

━━━━━負けるのか・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

━━━━━ドッ ク ン

 

 

 

 

                              ドッ ク ン━━━━━

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140921150901j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140921143501j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140921150917j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140921150000j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲ・・・シ・・・

 

 

 

       ‥……カイ…

 

 

 

ゲン…‥シ

 

 

 

 

 

 

 

 

  原

       始

 回

         帰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

ポケモン「売上……展開……。」

 

f:id:zaqmju7:20140914211636j:plain

妖怪ウォッチ「……何・・・?」

 

      「…… ……貴様、今なんと口にした?」

 

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

ポケモン「……聞こえなかったのか?」

 

    「俺は……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

 

ピカチュウ「俺はまだ、戦えるって言ったんだよ!!」

 

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140914211636j:plain

妖怪ウォッチ「…… …… …… …… …… ……、

 

      「 …… …… …… …… …… ……  …… ……、

 

      「 …… …… …… …… …… ……  …… ……く。

 

f:id:zaqmju7:20140914211636j:plain

妖怪ウォッチ「あひゃははゃはははひゃあひゃひゃははははwwwwww!!!!!」

 

      「あべべべしししっくひゃひゃはやwwwwwww!!!!」

 

 

      「どぅるふひゃはやひゃはやくわばらくわばらwwwwwww!!」    

       

      「何を言い出すかと思えば……戯言を!」

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

ポケモンGBAソフト・ルビー」

 

f:id:zaqmju7:20140914211636j:plain

妖怪ウォッチ「なんだって?ゲームボーイアドバンス!?」

 

      「そんな小手先の時間稼ぎ、無駄なんだよ!!!!!」

 

      「本当に無様だな、常にトップであるがゆえに負けられない

       そのプライドと維持が、負けを許さない……か」

 

      「諦めることを知らない!!醜いな!!」

 

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

ポケモンGBAソフト・サファイア」

 

 

f:id:zaqmju7:20140914211636j:plain

妖怪ウォッチ「まだやめないか、本当はもうわかってんだろ???!!」

 

      「諦めるということは悪いことじゃない!」

 

      「そうやって俺の仲間は……ッ!」

 

      「そうかそうか、そこまでして潰されたいか、いいだろう」

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

ポケモン「お前にはわからないだろうな。」

 

f:id:zaqmju7:20140914211636j:plain

妖怪ウォッチ「な・・・に・・・?」

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

ポケモン「歴史を持たないてめぇに、俺の背負ってるものはわからねぇって言ってんだよ」

 

    「常に世界を相手にして、その度に向けられる期待に応え続ける努力を!」

 

    「当時子供だったプレイヤーが今度は買い与える立場になる」

 

    「古いゲームのほうが、おもしろいんだよ!!!!!」

 

 

ポケットモンスター ルビー

ポケットモンスター ルビー

 

 

ポケットモンスター サファイア

ポケットモンスター サファイア

 

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

ポケモン「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カ ッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100 000

 

123 8098

 

 

7653 2398

 

 

 

1 5345 6000

 

 

7 0895 2304

 

 

 

 

14 5495 0450

 

 

43 0234 0324

 

 

70 0000 0000!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

100  0000 0000 

   OVER!!!!!(願望)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140921132911j:plain

いつも そうだ

 

f:id:zaqmju7:20140921155038j:plain

まるであたかも はじめから存在していたかのように

なにもないはずなのに そこにいると信じて疑わない

 

 

 

 

 

それは   なんだ

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140921155104j:plain

 

ハードを分解すれば ソフトを解析すれば 見えるのか?

 信ずるものの頭蓋を 目玉をくり抜けば 見えるのか?

 

 

 

 それは   なんだ

 

f:id:zaqmju7:20140921155647j:plain

 

なぜ ないものに 涙を流し 愛を表現する?

なぜ ないものに 熱くなれる 怒りをあらわにする?

 

 

 それは   なんだ

 

 

 

なんなんだ

 

 

f:id:zaqmju7:20140921155824j:plain

 

なぜ ないものを 欲する?

持っていることで 誰にも見せることもなく

満足できるのか?

 

なぜ 孤独でも 楽しそうなのか?

 

 

そうか

 

f:id:zaqmju7:20140921155923j:plain

 

これが そうか

 

この 掌にあるものが━━━━

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BRIDGE  0721.

✝ Onnanoko  to  sukebe shi tie. ✝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「そうか、負けたのか・・・。」

 

f:id:zaqmju7:20140914211636j:plain

妖怪ウォッチ「ごめんなさい! ぼく、ぼくもう絶対に、絶対に負けないから!」

 

 

「もういい、もう・・・いいんだ。」

 

f:id:zaqmju7:20140914211636j:plain

妖怪ウォッチ「ま、待ってください!見限らないで!!」

 

「あ、ようかいだ!」

 

f:id:zaqmju7:20140914211636j:plain

妖怪ウォッチ「?」

 

「なんでこんなところに妖怪ウォッチが?」

 

「まあいいじゃん、せっかくだし、やろうぜ」

 

f:id:zaqmju7:20140914211636j:plain

妖怪ウォッチ「…… ……でも」

 

 

「お、マジか!ウルトラレアきた!まじできた!!」

 

「うわぁ~俺先にやっとけばよかった~いいな~」

 

 

f:id:zaqmju7:20140914211636j:plain

妖怪ウォッチ「…… ……。」

 

 

 

 

 

 

僕も、誰かを喜ばせることができているのだろうか……

 

誰かが熱中できるコンテンツになることができているのだろうか……

 

 

その時見た少年の笑顔と、悔しそうなもう一人の笑顔は

おそらく少年たちにとって、お金で買えることができない思い出になるだろう

 

その思い出を美しく映すのも、汚すのも大人次第だ。

 

大人は、その思い出を商売にしている

どうか忘れないで欲しい、そのコンテンツは

 

子供の笑顔でなりたっていることを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

ポケモン「もう大丈夫なのか?」

 

f:id:zaqmju7:20140914212738g:plain

たまごっち「なんとかな、新しい商品出すときに寝てなんかいられねぇよ。。。イテテ」

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

ポケモン「やっぱり無理してんじゃねぇか」

 

f:id:zaqmju7:20140914212738g:plain

たまごっち「くっそ、あの野郎も手加減を知らねぇ」

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

ポケモン「でも、あいつもあいつで生きるのに必死だったんだ。」

 

    「巨大なコンテンツに噛み付いて張り合うことで、自身の存在を主張する

     こうでもしなくちゃ、誰も買ってくれない時代になったんだ」

 

f:id:zaqmju7:20140914212738g:plain

たまごっち「最近のソフトは高いからなぁ」

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

ポケモン「それもあるし、買わないがゆえに企業も必死になって戦略を考える」

 

    「そして、やり方が汚くなっていく」

 

f:id:zaqmju7:20140914212738g:plain

たまごっち「ソシャゲーとかか。」

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

ポケモン「たしかに、ゲーム業界の大きな衰退の要因であることには違いない」

 

    「が、彼らを責めることはできない」

 

    「彼らもまた、食われそうなネズミだから。

     生きるためには猫を噛まなければならない」

 

    「僕らの人気は、それと同じぐらい倒れた企業の上になりたっていることを

      忘れてはならない」

 

f:id:zaqmju7:20140914212738g:plain

たまごっち「けど、今回の戦いでは、誰も得をしなかった!」

 

     「争うだけでは、両者ともに疲弊し、倒れていくだけだ」

 

f:id:zaqmju7:20140914215506j:plain

ポケモン「いや、僕らが争うことで得になる者はいるよ。」

 

    「両者が売るために戦略をめぐらし、人々が買いそれを競争させることで

     利益をだすことができるもの」

 

    「それは━━━━━━━

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニンテンドー「君たちちょっと黙ろかー^^」