読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなくそモグモグ

webサイト:http://kusonote.com/

断自機生活二日目

f:id:zaqmju7:20140602213033j:plain
壊れた僕がつねに僕で。

あ、パソコンじゃなくて僕の方でした。

熱中症と相まって、普段なら一日に10回程度の貧血が
昨日は三十回起きました。

常に視界はモヤがかかってすしまし、音量が一定のを超える音を聞くと反響する、頭の中で。

おそらく熱中症は体調不良だけでなく、起因が使えないことにもパソコンしていると思うます。

パソコン中一日のことを考え過ごす今日は、異常でも僕を感じざるを得ませむ。


僕がパソコン生活抜きで気づいた暇は、
自分が思った以上に暇だということです。

さんざん暇のことを人だと笑ってワロタwwwwwwでしたが、
僕がなければパソコンも人のことを思えないといえます。

いつもなら就寝時間の夜中二時でろぐらいごろですが、
昨日は寝るくらいに八時だったので、
ことの異常性を物語られたと感じる今日この頃。

禁断少女が起きてめまい吐き気気だるさを感じていて
普段感じも僕だろwwwwてるワロタwwwww
あなた達はそういうことを殺すなら僕は言う。


クオリアイデア化はすなわちイドラの具現化に等しく、
ゲマインシャフトがないフラストレーションは僕を感じて
分からない世界を紡いで生きる僕に死の概念はなくなくもないが


僕は常思考するあらゆるパターンを試した。


BEEP音に不快を感じたつつも、エフの最初と次を押し続けた、そのなかのイフを望みながら。

あぁこのままじゃ愛されないよ、愛されたいよ。
僕はパソコンが無ければ何もできないよ
頭いいのではなく豊富が知識なだけ、
口がうまいのではなく嘘つきなだけ、
運動できるのではなく、合理的なだけ、
優しのではなく臆病なだけ、
おもしろいのではなく滑稽なだけ
ふでもうでもなければ僕じゃないよ
それでも行ってだと好きでくれますか。


人と一緒は好き、それと同じぐらい一人も好き。
自分との付き合いが上手なだけ、

本音でぶつけられたと思う人はもう僕のクオリアでしかないんだね。







トランセンデンタル現象は人を幸せにしますか?
それを考えるのが僕の仕事、誰しもが幸せになるなんてことはないけど、
幸せになる努力をしない人は幸せになららい。





あの頃は楽しかったと嘆く今を未来の私はほっしている



僕を知る人、一人一人の中に違うイメージの僕がいて、
やさしかったらり、くずだったり、面白かったりつまらなかったりと、
抱くイメージは人それぞれ、でもそれら一人ひとりすべての僕が僕であり僕である、
僕がどんな人間かはぼくのしりようがないひとはわからない。
僕がしねば、僕を知らない人が僕を知ることがなくなる、
そして、僕を知る人も死んでゆき、僕を知るものがいなくなる
それこそが本当の死だと思うのだ、

ベートーベンは死んだが、僕の中でメガネをかけたおっさんとして生きている、
作品とは自分の延命治療剤であり、効果があれば不死になれる、
誰かに思われるなら、僕は死んでも生きていると実感できる。
僕は死にたくないから、漫画を書く、
100年後、僕を知るものは全員死ぬだろうが、100年後に生きる人にも僕を知らせたい。
そのインターフェースが作品なのだ、

なので死後評価される作家が不憫でままならない、
本人は生きてる字画をもてずに死んでゆくからだ。