読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなくそモグモグ

webサイト:http://kusonote.fool.jp

Time is (not enough) money.

f:id:zaqmju7:20140513000053j:plain
金の価値をなくした僕にとって、時間は金の比ではない。


俺がこの世で一番嫌いなものは二つあります。
「二つあるなら一番じゃないやん」とか細かいこと言うなボケ。

それは「バカ」と「時間」です。
この2つがない世界は本当に美しいと思います。

最近ヘイトスピーチが多いのは忙しい生活で心が荒んでるからです、温かい目で見守ってください。

どれもこれも僕を抱擁してくれるお姉さんがいないせいです。
甘える対象がだきまくらしかいないのが悲しい現実です。
よってお姉さんがいないので、僕はいかなる罵詈雑言を書き連ねても一切は許されるということです。
だってそうでしょ?お姉さんがいないなら当然でしょ?

痴女お姉さん募集

まぁバカと時間が嫌いというのは、また、近々記事を書くつもりですが
っとか宣言した内容の記事を、伏線を回収した試しがないブログでございます。

なんで、今時間を名指しでディスってるかというと。
僕は漫画を書くペースが遅い。
これに限ります。
1ページ三時間ぐらいです、プロの漫画家ならこのペースは早い方ですが、
学生と並行してやる、しかも落書きレベルのお遊びにこんなに時間を食っているのが問題なのです。

一年半ぐらい書いてても、まだうごメモ(リュート編)にすら追いついてない事実に焦りを感じざるを得ません。
いつになったら完結させられるのか。と
苦悶の日々です。公文ではありません。

その焦りか、帰宅部に入部し定時帰宅することで、
中学以上の時間を手に入れることが出来ましたが、
学習習慣の矯正と課題等で、本質的には時間は増えていないと言えるでしょう。
ではどうすれば完結させられるのか、
そのためには更新ペースを加速させることが重要になってきます。
つまりは筆を早める、絵を早く書くということです。

絵は数学に似ています、記法の応用で才能さえあればいかなる絵もかけますが、
それは鍛錬を重ねることで補えます。
入試問題で、所見でも五分で解ける天才がいても。
その問題を努力次第で五分未満の時間で解けるということいったふうに
天才の発送を経験で補うということです。
つまるところ、絵を描きまくって筆を早くするということです。

絵を描くステップで。ショートカットできる部分はただひとつ
下書きです、これが悩みの権化であり、最終課題です

この、「下書き」のショートカットをするために一年半策を講じてきました。
そして現在ある方法に落ち着いているのですが

それは、「ネームの下書き化」です。
f:id:zaqmju7:20140513202803j:plain
これはネームですね、ここをごちゃごちゃいじって大まかなコマ割りを決めます。
でも自分はいらないものを捨てられない人間なので、いらないコマを切れず
ついつい18ページを越してしまいます。(近未来幻想八話は21ページ)
以前までは「ネーム」→デジタル「下書き」「ペン入れ」→セリフ入れて「png圧縮」
の工程だったのですが、
「ネーム」→ネームスキャン「ペン入れ」→セリフ入れて「png圧縮」
というふうに、下書きをカットしました。
f:id:zaqmju7:20140513203318j:plain
僕自身だけの話かも知れませんが、デジタルで描くとよくデッサン崩れをおこします
あたかも普段はデッサン狂いなしで絵が描けるみたいな言い方ですけど。
まぁデジタルだと画面が小さいので拡大を使うため、全体的な空間把握が難しいゆえの結果だと思いますが
アナログだと比較的素早く線を入れることが出来る気がします、まぁ、荒いですが。
f:id:zaqmju7:20140513203328j:plain
デジタルは機械的な絵が書けますね、線が正確、精密というか。
僕は死者狂みたいな機械的な線が好きなので
デジタルで仕上げするんですけど。

f:id:zaqmju7:20140513203336j:plain
それがかなり時間を喰らい尽くしてる感は否めませんね。

学校いる間も早く終われと思ってますし、とりあえず時間が欲しい。
精神と時の部屋が羨ましい、あそこなら五時間で近未来幻想完結させられるのに……