読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなくそモグモグ

webサイト:http://kusonote.fool.jp

正直学校とかコンパみたいなもんだよな

学校による学力アップが望めないのは塾というサービス業が流行ってる時点でお察し

使用する教材が教科書などという悲惨な書物。

発行者の欄を見るとどいつもこいつも教授職ばっかのエリート揃い

 

 

賢いだけじゃ教育はできないんだよ!!!!!!!!!!

教えるということは、自分の持ってる英知を相手の頭に複写する行為ですから。

自分の知を相手の脳に刻む伝達経路ないしインターフェースがしっかりしていないといけないわけで

 

その点において時間に対しての学習内容の濃さ。

およびそれに対する生徒たちの意欲をいかに引き出すかということを

学校には求められているのだが、

 

教育者側がいかに好奇心を刺激するような、学習内容に対しての魅力をアピール

に精を出すわけでもなく、

生徒、被教育者側の学習意欲向上のための手段を教えるわけでもない。

そんなシステムだったら教育制度は廃れる一方ですよね?

 

まるで広辞苑

 

広辞苑というものに対し能動的にページをめくる人間はごく少数ですよね

しかも、全ページを理解し、記憶する人はいるかいないかぐらいのレベル。

よくてクソガキが性的な単語に印をつけるおもちゃになる程度

それぐらい意欲のわかないものを「義務」として掲げる以上は

相手に伝わる努力をするべきだと思うのだが。

「学習方法」を教えずに、「学習内容」を羅列している

それに対する理解を「成績」という脅迫材料で鞭打ってる現状

 

それを見てきた生徒に進学しろとか反吐が出るね。

そしてその大半が「将来のため」「社会的地位の確保」など

将来への利益であって誰も「教育」に関しては一切触れていない。

教育者が勉強を「がんばる」もの「つまらない」ものと最初から否定している

そんな人間から「面白いもの」や「能動的な学習」を身につけられる訳がない。

 

だからこそ、学校機関に期待するのは間違いである。

わざわざ必死に努力してランク上位の高校を目指している奴が哀れに思えてしょうがない。

さして対して成績のよくない俺が言うとただの負け惜しみにしか聞こえないのだが

必死に勉強して上の学校に入った未来は、また「必死に勉強」。

受験シーズンを終えたあとの生活も受験同等の勉強生活。

それを努力を必要とする教育機関から強いられるのだから救いようのない、

自力で枷をハメに行く行為、潜在的なマゾヒストであることは明らか。

 

どう考えても、授業料に値する学習環境ではない、

ある程度の自由を得て、その時間で独学したほうがよほど身につくだろう。

本当に ” 学び ” たければ。

 

俺の固定された偏見からではこれ以上バイアスがかったことしか言えないので

もうそろそろ黙るが、

学習は「学校」だけでは無いということを選択肢に入れていただきたい

案外、社会に求められているものは、「努力」が出来るものよりも

「秀でた才能」を持つものであるということを視野に入れた上で、

 

僕のことをアホだというのはやめていただきたい